サイトアフィリライティング寄席 評価

アフィリエイト情報商材実践記

アフィリエイトで独立を目指すいい意味で変態のブログ

サイトアフィリライティング寄席/第三章の感想と評価

読了までの目安時間:約 4分

ども浜屋でございます~。

サイトアフィリライティング寄席 第三章を聞き終わりましたので
簡単ですが感想と評価などを。


まず謝罪。


前記事で「第二章がメインではないか?」と書きましたが、
大間違いでした(滝汗)


寄席の第三章聞き始めて最初に感じたのが、


「第二章までの内容は全部パーツでしかない・・・」


ということです。


第三章にのライティングテクニックにもっていくための
部品と言ってもいいのではないでしょうか。


第三章は記事作成にあたってのフレームワークについてがメインです。


フレームワークっていうのは「枠組み」ですね。


皆さん文章書くときって、もしかしたら思いつくままに書き綴ってたりしません?
ま、私がそうだったんですが(笑)


確かに思いつくままの衝動に駆られて書く分、
重複も少ないですし時々いい記事かけたりもします。


でも、実際に「結構書いたな~」と、思ってもせいぜい500文字程度だった・・・。


みたいなことが多かったんですね。



そこで別所で学んだライティングのフレームワークを使ったりしたんですが、
そうすると不思議なことに普通に書いて1000文字とか普通に超えるのです。


「目的を持って記事を書く」


というのは書きやすいですし、読者にも伝わりやすく分かりやすいです。


サイトアフィリライティング寄席の三章では、この部分について
8つの手法が紹介されていました。


ハッキリ言ってお腹いっぱいです(汗)
作者の山根さんって、こんな恐ろしい技法つかってんのね・・・。



即実践できるものもありますし、かなりスキル高めないと使えないものもあります。
これはマニュアルに従ってマネしながら使えるようになるしかないですね。


もし、この技法が一部でも使えるようになれば
飛躍的にライティングのスキルは上がると感じました。




■サイトアフィリライティング寄席 第三章の評価

一章、二章の個別のスキルを活かすライティングの技術が満載です。


私も少ないながらもライティングの勉強などもしてますが、
正直紹介されている手法のどれもが既存の「上」をいってます。


心理学を利用したライティング技術も取り入れられており、
「人の心を動かす記事」
というのが書けるようになると感じました。


ただし、全部の手法を覚えるのは一朝一夕では行きませんので、
少しずつ吸収していく必要がありますね。


即!稼ぎに結び付くというものではありませんが、一生もののスキルが身に付く章だと感じました。




以上、簡単ですが感想と評価とさせていただきます。
もう数日第三章聞いて、理解してから第四章に進もうと思います。


これは大変だ・・・。



≫サイトアフィリライティング寄席 レビューと特典

 

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. 通りすがり より:

    商材がどんなに凄くても簡単に再現できないとクソです。
    それがポイントじゃないですか?

    • 浜屋与平 より:

      >通りすがりさん

      どもです^^

      >再現できないとクソです。

      確かにw
      ただ寄席については「理論」「具体的手法」「サンプル」と、懇切丁寧この上なく解説されてます。
      もちろんどんだけ丁寧に作っても再現できる人、できない人はいるでしょうが、個人的にはここまで解説して再現できなかったら実践者の努力不足っすね。

      「自分は初心者だから・・」とかホザく方はムダ金になるので止めた方がいいですな^^
      アフィリエイトを専業レベルで取り組みたい変態ちっくな方に最適w

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
運営者情報
メルマガはじめました
登録 解除
*メールアドレス
*性別
*お名前(ハンドルネーム可)

浜屋与平のアフィリエイト実践日記。

最盛期で120万、現在10万しか稼がない迷走アフィリエイターの実践記録を見よ。

当メルマガは管理人の気分で運営されており、メルマガ発行・読者強制解除など傍若無人に行っております。

波長の合う方のみお楽しみください。
カテゴリー
最近のコメント
タグクラウド