google手動ペナルティ ホワイトSEO

アフィリエイト情報商材実践記

アフィリエイトで独立を目指すいい意味で変態のブログ

googleの手動ペナルティ(リンク)から学んだホワイトSEO

読了までの目安時間:約 5分
mosi

先日稼ぎ頭だったサイトがGoogleから


「お前んとこ、怪しいリンクファームに参加してっだろ?

胡散臭いからペナらせとくなww」


と、いうことで5位から60位くらいまで吹っ飛ばされました。



何回かGoogleによる手動対策を取られたことがありますが、
リンクが原因の手動対策は初めてだったので ある意味新鮮です。


復活するかは はなはだ怪しいですが、
月に30万くらいは稼いでいたサイトなので復活を目論み始めました。


その復活の過程で気づいたことがあったので書いておきます。



【気づかずやっていたホワイトSEO】


上がっていたサイトのSEO対策(当時)は


■メインサイト
日本語ドメイン
記事はオリジナル
画像を適度に
訪問者が読みやすいことを意識


■被リンク
無料ブログから21個
(自作自演)


と、いうように大したことはやってません。


そこでリンクペナなんだから自作自演のブログ削除すればいいじゃん?


程度に考えておりました。



そこでWebマスターツールで被リンク確認したところ…



「なにこのサイト、
見覚えないんだけど(((;゚д゚)))?!」



ネイバーまとめやら一般のブロガーさんからリンク貼られておりました。

もちろん私とは縁もゆかりもありません。



Webマスターツールで認識されている被リンク数は100ちょっと。


自作自演ブログで認識されているものを除いても明らかに多いです。


理由としては1つのサイトから複数リンクがでている(カテゴリとかタグも認識されてる)
ことが多いですが、それでも被リンク100くらいで上がっているのは


「被リンク元の質がよかったこと」



ではないかと思ってます。

ここでいう被リンクの質とは商売っ気のない更新頻度の高いブログとうことです。




そこで

「どうして知らない人からリンク貼られたか?」

を想像してみました。



1.見やすい
ファーストビューはイメージ重視。
どっかで見かけた「最適なサイト構成」とやらをパクって使ってます。

サイト作成ツールはシリウスで作ってます。


2.記事はオリジナル
実際に商品買って画像入りでレビューしてます。

さらに広告主(代表取締役さん)に直メして当時紹介された新聞の切り抜きなんかを提供いただきました。

ちなみに文章は稚拙です。
中学生の方がよほどマシな文章書けるでしょうw


ただし体験ページはトップページでは書いてないので違うかも知れません。


3.文章が稚拙
文章が稚拙だからこそ、逆に読みやすい、というのもあるかと。


難しい表現や漢字は使わず

「さらっと読めるテイスト」に仕上げました。


小難しい記事やガッツリ文字が詰まった記事は読みにくいと思ってるもので。



もちろん狙ったキーワードで検索するとライバルごちゃまんといます。
それにも関わらず一般ユーザーからリンクされてる理由としては


「見やすい」
「読みやすい」
「理解しやすい」


って、いうところがあるのかな?と感じた次第です。


立ち位置的には

「難しい経済の話を小学生が読めるレベルに落とし込んだサイト」

みたいな感じでしょうか。

 
「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」

・・・的な・・・。



まあ、こうしてホワイトSEOだなんだと語ってますが、
結局ペナってたら意味ないんですがね(滝汗)



結局ホワイトだろうがブラックだろうが

 

判断するのはgoogleさん
なんですよね・・・。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
運営者情報
メルマガはじめました
登録 解除
*メールアドレス
*性別
*お名前(ハンドルネーム可)

浜屋与平のアフィリエイト実践日記。

最盛期で120万、現在10万しか稼がない迷走アフィリエイターの実践記録を見よ。

当メルマガは管理人の気分で運営されており、メルマガ発行・読者強制解除など傍若無人に行っております。

波長の合う方のみお楽しみください。
カテゴリー
最近のコメント
タグクラウド